永井ゆずる
 
 
 
sp
目指す藤沢 menu
sp

sp
facebook
sp

永井ゆずるからのメッセージ

こんにちは永井ゆずるです。
sp
弱者切捨ての格差が拡大する社会、子どもをとりまく環境の悪化、高齢者の負担増、マンション建設等による緑の減少、犯罪の増加、子育てをしにくい状況など、針路を誤った政治で状況はさらに悪化しています。 私は、いちばん身近な地域社会を着実に良くしていくことで、 世のため人のために働きたいと思い、政治の道に進む決意をしました。
sp
原点は、今思えば、
幼少期にカトリック系幼稚園で漠然と感じた「慈しみの心」から始まっていると思います。
子ども時代に報道されていた飢饉等によるアフリカの子どもたちの飢餓状態とそれを見て「何で日本は豊かで食べ物に困っていないのにアフリカの子どもたちは飢えで苦しんでいるんだろう。」と思ったこと、・そして、学生時代のユニセフ募金活動による学びと「弱者支援」の気持ち、大学で政治学を学び、改善のために、政治にその役割があると思った、という単純なものでした。
sp
新卒で入社した海運会社(☆マースク)では、輸出入業務を担当し、大型コンテナ船に積まれる大量の貨物を見ながら貿易と経済活動の重要性を実感しました。

その後留学したカナダとアメリカでの4年に渡る生活では、政治学・開発学・エコロジーを学び、異文化や考え方、 政治・社会制度の違いを学びました。 各国からの留学生や移住者、市民との意見交換、友だちづくりは有意義でした。
sp
その後の13年間は、(財)神奈川県国際交流協会で働き、国際友好による平和 推進、地球市民としての活動、NGO・ボランティア支援、地球温暖化、格差問題、異文化理解などの事業に関わる機会を持ちましたが、どの問題も地域市民の協力と、人を尊重することが、大切なことを実感してきました。 
sp
そのような経験をするうちに 私は、子供の頃から住んでいる藤沢のために、今までの経験、サラリーマンとしての経験を生かして、役に立ちたいと思うようになりました。
sp
その思いで仕事を辞め、2007年に、市議選に挑戦しましたが、何の基盤も地盤もない一般市民の私は、敢えなく落選しました。
その後、派遣労働をしながら備え、4年後の2011年(東日本大震災発生直後)に再挑戦し、皆さまに支えられて、藤沢市議会議員となりました。 
sp
「藤沢が大好き」とみんなが言えるまちにしたい。